頭皮の状態や髪の状態は触診に加え、最新機器を使った映像を通してのチェックも行われます。AGA治療を問題なく受けることができれば、30日分の治療薬が処方され、薬によってのAGA治療の改善を目指していくことになります。処方された薬を使い切る1カ月後が目安です。そして、投薬効果の検査を撮影し、再度検査を行っていくことになります。まずは1カ月の投薬治療を行っていくのが基本となり、いきなり半年や1年を通しての治療とはなりません。この点に関しては受診した際にしっかり説明がされるはずです。

投薬治療実際にどの程度の効果があるかは人それぞれ異なるもので、確実に求めている効果があると思うのは早計といえるでしょう。ただ、効果がある薬を使用しているのは間違いありません。投薬治療を行うだけではなく、食生活やストレスといった原因をご自身でなくしていくことも考えるべきです。短い期間でも求めている効果を発揮する場合もあれば、長期にわたっての治療をしないといけない場合もあります。

頭髪に関しての悩みは中高年男性だけではなく、若い男性も同様に悩みを抱えている方は少なくありません。すぐには満足ができるだけの効果を発揮せずとも、地道に取り組んでいく必要があります。