ストレスAGAの治療法は単純なものではありません。それぞれの病態や背景を考慮したうえで、最適な治療法を見つけていくのが基本となります。AGA治療を行っていくにあたっては、まず原因の分析をし、治療方法を模索していくことになるものです。そもそものAGAの原因となるのは、ストレス、遺伝、男性ホルモン、生活習慣などで、当然ながら何が原因となるかは人それぞれで異なります

問診や視診を行っていき、生え際の後退や前頭部と頭頂部の毛髪の細さや薄さを確認していきます。さらに、男性型脱毛症と診断された場合には、内服薬と外服薬を用いての治療を行っていく流れになるものです。フェナステリドとミノキシジルの併用が治療の基本となり、頭皮のマッサージやサプリメントの処方をしてくれるクリニック存在しています。

肝心となるのは、間違った治療法や薬の服用をしないことです。医師のもとでしっかり診てもらうことが、発毛への道筋となります。AGAはこういうものである、という先入観を抱いている方も少なくありません。しかし、実際にはそれぞれの状態に合わせての治療を行っていくものです。そして、すぐに結果が出る場合もあれば、長期にわたっての治療が必要になる場合もあるので注意しましょう。

髪の毛に関しての悩みは放置しても解決できることはそうありません。そのため、何とかしたいと思ったときにはまず医師に相談をするのがよいでしょう。多くの男性が人知れず、AGAで治療を行っているのが現状です。